川越市 歯列矯正 子ども 歯並び 小児矯正 受け口 出っ歯 がたがた

お問い合わせ電話番号

  • 受付時間
    午前9:00~12:00 / 午後14:00~18:00
    ※土曜は16:30まで
  • 休診日
    日曜、祝日

矯正治療のタイミング

矯正治療のタイミングTIMING

矯正治療を始めるタイミング

検診等で矯正治療をしたほうがいいと言われたけど、 矯正治療はいつから始めたらいいのだろうとご相談をよく受けますが、 おおよその目安となる最適な年齢は6~7歳くらいがベストです。
矯正治療することそのものは何歳からでも始めることができますが、 出来るだけ歯を抜かずに、顎の成長に合わせて矯正治療するのであれば、6、7歳がいいタイミングだと思います。
歯がデコボコ(八重歯)の場合は大人になってからでも十分矯正歯科治療できますが、抜歯が必要な場合や、 上下の顎の関係が悪い(出っ歯や受け口など)ような不正咬合は、 顎の骨が成長している時期から矯正治療を始めたほうが、良好な結果になることが多いです。
大人になってからの治療だと、外科の手術を伴う外科矯正が必要になる場合が多くなります。
治療時期の正確な判断は、矯正歯科で相談することが1番ですので、 早めに相談だけでもしておくことをおすすめいたします。いろいろなことを考慮すると、6~7歳頃から始めることが適切と考えます。

矯正治療を始めるタイミング

【小児矯正】6歳~小学校低学年

乳歯と永久歯が混在して生えている混合歯列期、
大人の歯に生え変わる時期の矯正です。

上下や左右、そして全体の顎の骨のバランスや大きさを整えて、 顎を横方向に拡大することによって、永久歯が生えるスペースを確保することが治療の目的です。
早めに対応することで、本格矯正(Ⅱ期治療・永久歯での矯正期間)が短縮でき、 後戻りも少なくなるのでメリットも多く、お子様の負担も軽く済み、安心です。

【小児矯正】6歳~小学校低学年

【本格矯正】小学校高学年以上

小学校高学年以降で、永久歯がある程度
生えそろった歯並びになってから以降が対象です。

永久歯が生えそろい、顎の成長が終わってからブラケットと呼ばれる器具を使用した治療を行います。
大人の矯正と同じで、綺麗に並べて整えて、かみ合わせも良くしていきます。

【本格矯正】小学校高学年以上

矯正治療を開始を見極める

一番重要なことは、お子様に合った矯正の開始時期を見極めることです。

3才乳歯が生えそろう 6~7才 12才永久歯が生えそろう

  • Aの時期に矯正をするとどうなるでしょうか。
    物心ついたばかりのお子様に歯列矯正をすることにより、ストレスが生じたり、トラウマに陥ることが考えられます。
    もちろんこの時期に矯正を行うことが良いお子様もいらっしゃいますが、意味もなく早いほうがいいという訳ではありません。
    小児歯科は、12才までしか診察することができないため、比較的矯正をすすめる傾向があるようです。
    この時期に一度矯正歯科で診てもらいましょう。
  • Bの時期に矯正をするとどうなるでしょうか。
    6~7才のこの時期ぐらいに矯正歯科で診ていただくことをおすすめします。
    とはいっても、必ずしもこの時期から矯正を行う必要がある訳ではありません。
    お子様の歯の状態によっては、8才からでも9才からでも、それ以降からでも矯正を開始することは可能です。 お子様お一人お一人に合った開始時期を見極めることも大切です。
    歯並びを遺伝によるものか、骨格のズレというものかを判断して、開始時期を決定します。
    また、Cの時期から始めるとワイヤーを使用するのですが、Bの時期ですとワイヤーは使用せずに矯正することも可能です。
  • Cの時期に矯正をするとどうなるでしょうか。
    この時期になれば、永久歯が生え揃います。永久歯が生え揃うと、永久歯というのは、 根がしっかりと固定されているので治療に時間がかかります。
    ですので、矯正治療期間は長くなり、心身的な苦痛やストレスも必然的に多く感じてしまいます。

遠方からも多く
お越しいただいております

電車でお越しの方
西部新宿線「南大塚」駅より徒歩10分
お車でお越しの方
東上線「川越」駅より10分
広々とした駐車場で、31台駐車可能です。
是非ご利用ください。

pagetop