PRICE

治療費用

当院では明確な料金システム
「トータルフィーシステム」を導入しております

矯正治療開始から矯正装置の除去までのあいだ、毎回の調整料、 矯正装置費用、
矯正装置除費用、保定装置費用はいただきません。
精密検査、診断料
3万円
(成人矯正:インビザライン矯正の場合のみ4万円)
小児矯正
マウスピース矯正
(プレオルソ治療)
10~15万円
*管理料が2か月に1回1,000~1,800円程度かかります。
ブラケット矯正
28万~40万
*管理料が1か月に1回1,000円程度かかります。
成人矯正
デイモンシステム
矯正
80万~84万
インビザライン
矯正
48万~80万

※表示価格は税抜きです。

小児矯正から成人矯正へ移行した場合

「小児矯正」から「成人矯正」へ移行した場合の費用は、再び成人の矯正治療費が全額かかるわけではありません。
「小児矯正から成人矯正へ移行した場合の費用」=(成人矯正の費用)ー(小児矯正のときに支払っていただいた費用)となります。

デンタルローン
当院ではデンタルローンを取り扱っておりますので、月々1万円台からのお支払いも可能です。

医療費控除とは、自分自身や生計をともにする家族のために医療費を支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除のことです。
歯の自由診療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になる場合があるので医療費控除の対象となります。
毎年1月1日〜12月31日に支払った分を翌年3月15日までに確定申告をすると医療費控除が適用され、税金が還付されます。
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)( 支払った医療費の額 - 保険金などで補てんされた額 ) - 10万円

※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

例) 課税所得金額が500万円の人の場合、扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、
医療費控除額90万円10万円=80万円×税率30%=24万円
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円24万円66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

横にスワイプしてご覧ください。

課税所得金額 税率
所得税+住民税
医療費(円)
50万円 70万円 90万円 110万円 130万円 150万円
~195万円以下 15% 60,000 90,000 120,000 150,000 180,000 210,000
195万円超~
330万円以下
20% 80,000 120,000 160,000 200,000 240,000 280,000
330万円超~
695万円以下
30% 120,000 180,000 240,000 300,000 360,000 420,000
695万円超~
900万円以下
33% 132,000 198,000 264,000 330,000 396,000 462,000
900万円超~
1800万円以下
43% 172,000 258,000 344,000 430,000 516,000 602,000
1800万円超~
50% 200,000 300,000 400,000 500,000 600,000 700,000

医療費控除の手続きは、お住まいの住所を管轄する税務署へ医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
その際、医療費の支出を証明する領収証や通院にかかった交通費などについて確定申告書に添付するか、提示する必要があります。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る